予約

英語可能な歯科の予約

・日本語はかなりマイナーな言語

英語可能な歯科の予約に興味がある人もいることでしょう。海外の友人が留学のために日本に移住することになったなどといった場合、言葉の面でも問題をクリアする必要があります。日本語が堪能な外国人もいますが、英語のほうが安心感があるといった人もいることでしょう。ネイティブだとなおさらかと思います。
英語と比較すると日本語はかなりマイナーな言語なので英語でやり取りするのが国際社会では当たり前です。少しずつ日本でも英語対応の場所が増えており外国人の受け入れが整いつつあります。

・外国人の治療は基本的に全額負担

歯については急に痛みが出る場合もあります。例えばかぶせている歯が取れるケースです。キャラメルやガムを食べていたら、銀歯がぽろりと取れたなんてこともあるかと思います。母国に戻ってから治療することも不可能ではないかもしれませんが、かぶせた歯がとれた場合、いち早い治療が必要です。まして日本にある程度長期滞在する人は必須となります。
外国人の治療ですが基本的に全額負担です。私たちは通常保険証があるので3割負担など負担が軽減されています。全額となるとかなりの額です。多くの人は海外旅行保険などに加入しています。海外旅行保険に加入していれば安心感もあることでしょう。

歯科の予約についても海外旅行保険を使うのであればキャッシュレスが可能かどうか?など確認しておくといいでしょう。最近は海外旅行者の受け入れのためそういたところも増えています。

・インターネットから予約して行こう

医師は基本的に高い学力を有しており、語学についてもある程度コミュニケーションが取れるのが普通です。しかしながら日本人は語学に対して極端な苦手意識がありあまり得意としない人が多いのも事実です。
歯科については予約が必須です。歯科に用事がある人はインターネットからも予約可能なところもあるので予約してから出かけるといいでしょう。そうしないと長時間待ちなんてこともあります。これは避けたいところです。

歯はトラブルがあった場合、治療が必須です。治療を受けないとさらに悪化してしまう危険性もあります。そうしたことになる前にきちんと治療することが大事です。