歯科

歯医者さんの医学用語は英語?ドイツ語?

最近はお医者さんの世界(医学用語)でも英語が主流だそうです。一昔前までは、医学の世界はドイツ語が主流でした。これは、日本が海外に医学を学んだ当時は、ドイツの医学が世界最先端だったためだそうです。また現在のようにガンでも告知する時代ではなく、以前は生命の危機のある病気は極力患者に隠す時代だったので、あまり馴染みのないドイツ語は隠語としても最適だったようです。

患者を意味する「クランケ」や、診療記録である「カルテ」、細い管の「カテーテル」など、現代でもそのまま使用されているドイツ語の医学用語はたくさんありますが、歯医者さんで使用される医学用は全て英語なのでしょうか?

元々日本で国立の医療大学と言えば東京医科歯科大学がメインで、その他は私学しかない時代もあったようです。ということはルーツを辿ると、歯医者さんも昔はドイツ語がメインだったようです。
しかし歯医者さんでよく聞く「インプラント」など、現在では歯科医療の用語も英語が主流のようです。

ただ、カルテという言葉そのものはドイツ語ですが、そのカルテに書き込む文字は英語か日本語だそうです。しかも歯医者さんの場合は、日本の言葉で記入するパターンが多いとのこと。敢えてカルテに日本の言葉以外の英語やドイツ語で記入するのは、日本語は画数が多くて記入するのに時間がかかったり、ふいに患者さんに覗き込まれた時に、患者さんがショックを受けるような病名が書かれていた場合に、バレてしまうのを防止する狙いもあるそうです。でも歯医者さんで生命の危機に直結するようなこと事はほぼないので、カルテが日本語でも問題ないのでしょうね。

こうして見ていくとお医者さんはやはり英語には堪能で、仮に外国人が急病になって運ばれて来ても大丈夫そうです。もちろん歯医者さんも英語は得なのではないでしょうか。むしろ外国人の人が歯科診療を受診する場合に不安なのは受付でしょうね。まず最初の受付で英語が通じなければ、英語のわかる先生までたどり着けませんから。
しかし最近はいろいろと翻訳ソフトも充実してきているので、近い将来にはスマホさえ持ち歩いていれば、どこの国でどんな病気になっても大丈夫な、そんな時代がもうすぐそこまで来ているようです。