歯科

英語ネイティブでも英語対応の歯医者なら安心

英語しか話すことが出来ない英語ネイティブの人は、日本に来て生活をしていると不便だと感じることもあるでしょう。
簡単な会話であれば、日本語の単語を組み合わせてみたり、ジェスチャーなどで伝えることが出来ますので、さほど困ることはありません。

しかし困るのは体調を壊してしまったときです。
体調が悪い時には病院に行って薬を処方してもらわなくてはなりませんが、症状を日本語で伝えることが出来なければ、どこの部分を見てもらいたいのかを伝えることが出来ません。
もちろん医師も患者のどこがどんな風に調子が悪いのかを少しでも理解しようとしますが、伝わらないこともあるでしょう。

出来るだけ誤診をすることのないように気を付けるようになりますが、症状をうまく伝えてもらえなければ誤診をしてしまうこともあるかもしれません。
それは病院に限った話ではなく、歯医者に関しても同じことが言えるでしょう。
歯が痛み出しているのであれば、歯医者に行って状態を見てもらうようにしなくてはなりません。

状態によっては、治療が必要になってきますので、今後どのような治療をしていく事になるのかを説明してもらっておきたいものです。
痛い部分は何とか伝えることが出来たとしても、そこからどのような治療をしていくのかもわからないままお任せしているのは不安が残ってしまいます。
しかし日本語が理解できない場合には、いくら丁寧に説明をしてもらってもわかりませんので、どうしたらいいでしょうか。

その場合は英語対応をしてくれる歯医者に行くようにしておけば安心です。
それならば自分の言葉で気持ちを伝えることもできますし、自分がわかる言葉で説明をしてもらうことが出来ます。
自分がわかっていない日本語で説明をされた場合には、よくわからないだけではなく誤解が生じてしまうこともあるでしょう。

誤解が生じてしまうと、治療を始めた後にこんなはずではなかったとか、こんな風な治療は望んでいなかったということになりかねません。
そうならないためには、自分が理解できる言葉で説明をしてくれるところを選ぶのがトラブルになることもないでしょう。
探し方としては、インターネット検索によって検索することが出来ます。

通いやすい場所にあるところを探すようにして、早めに治療を進めていくようにしましょう。
痛いからとどこの歯科でもいいからと飛び込んでいくのではなく、自分の望む対応が出来るところを選ぶことが大切です。