歯科

2020年に向け英語の話せる歯医者さんが最高のお・も・て・な・し!

2020年、日本では東京オリンピックが開催!その東京オリンピックを誘致するために行われたプレゼンテーションで、滝川クリステルさん発したセリフの「お・も・て・な・し」。流行語大賞にも選ばれました。2020年東京オリンピックに向けて着々と準備が進められています。

オリンピックが日本で開催されれば、当然我が国に多くの外国の人達がやってきます。
2019年には、ラグビーのワールドカップも開催。そのため、今日本は、スポーツという魅力あるものを通じて、世界からこれまで以上の関心が寄せられています。

しかし残念ながら、日本人は他国に比べあまり英語が得意ではなく、せっかく日本を訪れてくださった外国人に、言葉の壁で我が国の良さをPR出来ないのは残念です。でも海外の人が気持ちよく観光が楽しめない程度はまだマシです。英語が通じないことで最も困るのは、やはり病気のとき。

外国で病気になることほど不安なことはありません。でも大ケガやひどい病気であれば救急車が呼ばれ、その場で救急隊員の人が英会話が必要な患者であると判断すれば、英語対応の病院へ搬送してくれることでしょう。

でもそれが虫歯だったら?
歯が痛いと言って、救急車で歯医者さんへ行く人はまずいません。それは外国人であろうと同じで、観光客の人も自分で歯医者さんを探して行くことになるはずです。

その時、たまたま飛び込んだ歯医者さんが英語が話せなかったらどうでしょう?
我慢できない痛みに耐えながら、やっと見つけて入った歯医者さんが英語が話せないために十分な診察がしてもらえない。海外であれば、英語圏の国でなくても英語が話せる国はたくさんあります。もしこういった歯医者さんに遭遇してしまったら、素晴らしいオリンピック競技を観戦し、ホテルやレストラン、空港などで最高のおもてなしをしてもらっていても、帰国した時にはあまりいい印象は残らないはずです。

ですから、2020年に向け歯医者さんも英語が話せることが、最高のお・も・て・な・しになるのではないでしょうか。